情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において重要性・存在意義が高まっています。システムエンジニアは時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はプロジェクトの大小に関わらずクリエイティビティーに満ちています。

そのため、時代の技術的スペシャリスト性を持った専門職として新卒や未経験者からも人気を集めるシステムエンジニアではありますが、就労環境の厳しさや待遇への不満から離職率が高く転職回数が多い業界とも言われています。30代を前にすでに複数社の転職経験がある人も珍しくありません。またエンジニアマーケットは経済活動や最新の技術動向によっても人的流動の変動が大きい市場であるため、転職をする際には業界の求人動向をよく読むことが大切です。

2012年におけるIT業界全体の求人動向としては、採用ニーズはリーマン・ショック以降最高と言っても良いほど活発な動きが見られ、中でもWeb系サービス企業やそれらの受託企業におけるスマートフォンアプリやソーシャルネットワーク関連の開発エンジニアの採用ニーズが高まっています。今は高まる採用ニーズに対して求職者が不足している、いわばエンジニアにとっては売り手市場にあるため、本来ならば業務・テクニカルとも高い能力をもった人を採用する会社においても、親和性が高い技術があれば採用の余地もあるようです。また「グローバル」は業界内でも共通のキーワードとなっており、ネットビジネスの海外進出にともない海外とコミュニケーションをとれる語学力は多くの企業で求められるスキルとなっています。

 IT産業における中心拠点は東京です。他の地方都市がテクノパークやIT関連企業が集積エリアを持つものの、業界全体の約6割の事業は東京に一極集中しており、知識情報産業やはり東京が主体です。そのため前述したIT業界全体の動向は東京におけるマーケット動向と見ても良いでしょう。売り手市場にある今、システムエンジニアとしてのスキル・素養を最大限にアピールし、自分をより高く評価してくれる企業へのステップアップ、またはキャリアチェンジの好機と言えるかもしれません。 こうした売り手市場の中で転職後のミスマッチリスクをおさえ、より優良な求人を探すには業界に精通しエンジニアを専門に転職支援サービスを展開しているサイトを利用するのがオススメです。自力の転職活動よりも効率的で自分の理想に限りなく近く、満足度の高い転職が叶います!