システムエンジニアのメンタル

システムエンジニアは情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、あらゆる業界において欠くことのできないポジションです。重要性・存在意義が高まるシステムエンジニアは時代の花形的業界の中で技術的スペシャリスト性を持つ専門職として人気がある職業のひとつでもありますが、その離職率は高く30代を前に既に複数回転職を繰り返している人も少ないない業界です。

多くの人がシステムエンジニアを辞めたい時というのは、残業や休日出勤による過度な労働時間に疲れ果て、人間関係や待遇面など働く環境の悪さに辟易し、そして将来の不安に苛まれる時などに特に強く思うようです。システムエンジニアという職業は、時に企業のビジネス展開の経営戦略に携わる大きな可能性を秘め、情報システムの開発工程において創造性を尽くす非常にチャレンジングな領域です。しかしながら勤務先によっては常識を外れた残業や長時間労働を強いられ、プライベートや家族と過ごす時間もままならず、薄給激務と言われる部分も目立ちます。プアーマネジメントが横行する組織の場合には、理不尽なもの言いやまるで使い捨てのような待遇、また近年は年功序列から成果主義への移行が強まり、将来のキャリアプランが見えにくい(自ら描いていかなければならない)不安もあります。体力、精神ともに強靭なタフさを求められるシステムエンジニアは、「若いからできる仕事」「働けるのは35歳まで」とも言われています。

しかしながら一方では、納期前や繁忙期など忙しい時も残業しなければならない時もあるものの、体調を崩したりうつ病になってしまうほどの激務もなく、システム開発のスペシャリストとしてお給料をはじめとする諸待遇よく働いているシステムエンジニアたちも実は少なくありません。システムエンジニアでも慢性的に忙しくいつも冷遇されているわけではなく、休日には家族サービスに励み、旅行やレジャーを楽しむ層の人たちもいるのです。

 こうしたサクセスフルなシステムエンジニアのひとつのポイントは、ITの世界では自分を高く売るのもひとつの常識!より良い環境を目指して転職のステップを踏み、ワーク・ライフ・バランスが取れた将来的なキャリア形成を自ら行う、と自分の認識を変えることです。システムエンジニアはITのテクニカルスキルとコミュニケーション・チームワーク・マネジメントなど多彩なヒューマンスキルの一見相対的なスキルの両方を持ち合わせた特殊なポジションです。その強みを打ち出し、転職をステップに変えることができればより可能性あるシステムエンジニアを目指すことができるでしょう!