システムエンジニアは情報システムの構築に携わるIT業の専門職であり、情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、その存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。システムエンジニアは時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はクリエイティビティーに満ちていると言えるでしょう。システム構築において要件定義・設計・開発・運用などの役割を担います。

情報システムを開発するにあたり、まず企画・要件定義があります。ユーザーである各企業の目的に合った情報システムを開発する必要があるため、「システムを作る目的」「システムを使ったビジネス展開」「システムで実現したい事業」「コスト・納期・範囲」など顧客ニーズをヒアリングし、ハードウェア・ネットワーク・機能・日程・費用など開発システムの概要を決定します。  次に要件定義に基づいてシステムの設計に入ります。設計ではユーザーの現場担当者と具体的に使用するハードウェアの種類・台数、必要なシステム機能などシステム概要の細かな点をつめ、より具体的にシステムのデザインを考えます。  システムの具体的な設計が出来上がると次は開発段階に入り、情報システムのプログラムを開発します。プログラム開発はシステムエンジニアが行うのではなく「プログラマー」と呼ばれるスペシャリストが行うため、開発段階でシステムエンジニアはプログラマーへの指示をはじめ、ユーザーとの調整、開発工程のチェックなどを行います。プログラム開発が終わると多角的にシステムのテストを行い、実際の運用へと入っていきます。  システム運用では、作成したシステムが当初の目的通りに使うことができるのか評価します。稼働率・故障回数・レスポンスタイム・システム機能が目的とする業務に合っているかなどハード・ソフト両面から評価し、不具合や設計通りでない場合には機能の追加や修正を行います。

システムエンジニアの仕事は単なるシステムの作成だけでなく、ユーザーニーズに合ったシステムをデザインし、完成したシステムが目的通りに動く・使うことができるまでシステム開発全体に関わる仕事です。こうしたシステムエンジニアの仕事は一人で全てを行うのではなく、システムエンジニア(リーダー&サブ)、プログラマー、テクニカルエンジニアなどとチームを組み協力して各プロセスの仕事を進めていきます。