情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、システムエンジニアは時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はクリエイティビティーに満ちた職業です。時代の花形的業界において技術的スペシャリスト性を持つ専門職として、新卒や未経験者からも人気がある職業のひとつです。また情報システムが企業のビジネス展開と切り離すことができない存在となっている今、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアはあらゆる業界において重要性・存在意義が高まっています。

システムエンジニアのマーケットは経済活動や最新の技術動向によって人的流動の変化が大きい市場経済活動が活発になれば各企業のIT分野における投資意欲が高まり、エンジニアニーズは増えますが、逆に景気が落ち込むとIT投資は縮小しエンジニアニーズは落ち込みます。またITのテクニカルスキルは日進月歩で進展しており、最新技術を習得しているか否かによってもシステムエンジニアとしての付加価値が変動していきます。 2012年におけるIT業界の動向は、リーマン・ショック以降最高の採用ニーズがありエンジニアにとっては売り手市場に転じました。iPhoneをはじめとするスマートフォンやFacebookに代表されるソーシャルネットワークサービスが急激に浸透した近年は、これらのアプリに関連する開発エンジニアニーズが急激に増えました。さらにネットビジネスの海外進出やIT業界内でもグローバルがキーワードとなる近年はエンジニアにも語学力が求められる流れとなっています。

技術躍進が止まらない業界であるからこそ、市場の動向を読み将来性を考えることが大切になってくるわけですが、そのためにシステムエンジニアの将来性に不安を抱き、中には安定性を求めて異業種へ転身する人も少なくないようですが、一口にシステムエンジニアといっても今ではかなりの人口がおり、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタント、アーキテクト、ITサービスマネジャー、スーパーシステムエンジニア、など非常に多様なキャリアパスが存在します。システムエンジニアとして走り出したら様々な分野業界に携わることが必要になっていくため、経験を積み上げていく中で将来設計を見据えることができるはずです。情報のアンテナを高く常にフレッシュなシステムエンジニアに自己研鑽しておくことが肝要です。