システムエンジニアの単価というのは、情報システムの開発においてシステムエンジニアを雇った場合にかかってくる一月当たりの人件費を指します。システムエンジニアの単価は月額80万~200万円までかなり幅があり、中心帯は100万~130万円と言われています。

一般的にシステムエンジニアの単価は100万円という認識が強いようです。システムエンジニアの単価は、ある種ブランド料的に大手企業になる程高くなり、富士通やNECといった所のシステムエンジニアの場合には月額150万円程度、日本IBMで200万円程度と単価が跳ね上がります。

またシステムエンジニアの職種やポジションによっても単価は変動し、プロジェクトマネージャークラスになると最低でも月に200万円、大手企業だと300万円は下りません。またコンサルタントの場合はさらに単価が上がり、新人の場合でも月額200万円強、著名なコンサルタントクラスでは1ヵ月1,000万円弱というケースもあったようです。ちなみにプログラマーの場合の単価は月額50万~100万円が相場と言われており、システムエンジニアよりも安く、コンサルタントと比べると格段に低くなります。 単価というのは、結局はシステムエンジニアの給与に反映されてくることなので、単価の高い企業に勤務することやキャリアを積んでプロマネやコンサルなどシステムエンジニアとした付加価値を付けていくことが給与UPにつながります。ITの世界は自分を高く売り、将来設計を自ら考えキャリアアップしていくのがキーになります。将来を見据えた計画的転職が給与や条件面のに影響してくるでしょう。

またシステムエンジニアの中でもフリーランスで仕事をしている人たちにとって単価はそのまま収入につながる重要なものになります。フリーランスで仕事をする場合にはシステムエンジニアの単価相場である「100万円」を得ることは容易ではありません。一般的なシステムエンジニアレベルの場合には、残業や超過勤務を清算し月額単価70万~80万円を超える契約ができる案件はそう多くないため、フリーランスのシステムエンジニアで月額単価を上げるには、一つ一つの仕事で信頼と実績を積み上げていくしかありません。クライアントから仕事を通して人間性や事業に貢献できる人材であることを認めてもらうことが単価UPのポイントになります。単価が収入にダイレクトに反映されるのでシビアな面もありますが、より多くの収入を得ることができる働き方のひとつでもあります。