情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、システムエンジニアは時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はクリエイティビティーに満ちていると言えるでしょう。

時代の花形的業界の中で技術的スペシャリスト性を持つ専門職として、新卒や未経験者からも人気がある職業のひとつであり、情報システムを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。そのため業界の数だけ異なる様々な情報システムがあり、実は「システムエンジニア」と一つの職種としてくくるのは難しいほど、業務や所属する会社によって色々な種類にカテゴライズされています。

プロジェクト・マネジャー

情報システム開発プロジェクトをマネジメントする役で、プロジェクトが円滑に進むようプロセスフローを管理します。人材の確保・予算・納期などの管理をはじめユーザーとの折衝やプロジェクトチームをひっぱるリーダー的役割を担います。

ITコンサルタント

ハードウェアの選択、情報システムの構築、企画サポートをはじめ、実態にあった運用管理をデザインする運用面、またはITを活用した業務改善を指導する業務面でのコンサルティング展開や、IT技術者の育成方法をデザインするコンサルタントを行うなど、特に多様なことが求められるシステムエンジニアです。

アーキテクト

日進月歩で進展し続けるITの世界で常に最新の技術動向をおさえ、将来的な情報システムの運用・保守、関連システムへの影響なども考慮しながら、効果効率が最大限発揮されるようなシステムの全体をデザインする役割を持ちます。

ITサービスマネージャー

顧客ニーズに合致した適切なITサービスの提供をマネジメントする役割を持ちます。情報システムの運用・保守・維持管理をはじめ継続的な改善を行っていくための仕組みを総括的にマネジメントしていきます。

スーパーシステムエンジニア

ITスペシャリスト・アプリケーションスペシャリスト・ソフトウェアデベロッパーとも呼ばれるシステムエンジニアです。人並みならぬスピードで高品質な情報システムを設計・開発し、神業的な知識と確かな技術を持ちます。ITに関する大抵のことは知り尽くし、問題解決してしまうとてもスーパーな存在。

この他にもシステムエンジニアの種類は様々あり、さらに実務経験の分類による研修・初級・中級・上級、業務内容の分類による上流・下流による種類もあります。