システムエンジニアというとITの専門家、高いスキルや知識が求められる技術職ではありますが、未経験からでもシステムエンジニアとして採用される可能性は十分にあります。未経験のシステムエンジニア求人も少なからずあります。

システムエンジニアは情報システムが様々なビジネスシーンを支える昨今、あらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっていますが、高いIT技術を持っていれば適任かというとそうでもありません。技術職とは言え、システムエンジニアの仕事はチームやプロジェクト単位で動き、顧客ニーズにかなう製品ソフトの作成・システム構築していく仕事のため、コミュニケーション能力や協調性が大切な資質として評価されます。そのため、エンジニアの知識や業界の経験がない未経験者でも応募・面接時にその資質がPRでき、評価につながれば採用される可能性はあるでしょう。

またシステムエンジニアは基本的にリーダーをトップとするグループやチームでひとつの仕事に取り組みます。新人は先輩の指示・技術指導によって仕事を進め、スキルや知識を蓄積していくことになるため、学びの意欲や教えてもらう姿勢が大切です。業界知識・経験に乏しい未経験の場合、自分の強みを表現するのに苦慮しますが、未経験だからこそアピールできるポイントを精査しシステムエンジニアになりたい強い気持ちを伝えましょう。 加えて企業が求人広告に載せる「未経験者可」の意味をとらえることも大切です。未経験者といっても、エンジニアとしての知識や経験が全くない未経験者もいれば、業界におけるエンジニア経験はないものの情報システムの知識を持っている人もいます。またプログラマーからシステムエンジニアなどキャリアやフィールド変える場合の未経験者かもしれません。企業がどの程度の未経験を意味しているのかを応募の際にしっかりとチェックすることです。

就・転職に関しては業界情報に乏しいこともあり、エンジニアを専門に求人の紹介をはじめとする就・転職支援サービスを行っているサイトを活用することが絶対にオススメです。研修制度が整った業界未経験者向きの案件はもちろん、未経験でもシステムエンジニアとして活躍したい求職者の意志をくみ取った自分に最適な求人を紹介してくれます。またこうした転職支援サイトのサービスは、単なる求人の紹介だけでなく、業界情報の提供、応募先との面接日程の調整、応募書類の作成アドバイス、面接対策、給与や待遇など自分ではなかなかネゴしにくい条件交渉など、転職に関するあらゆるプロセスを丁寧にサポートしてくれます。