面接は苦手意識を持つ人が多いのですが、就・転職の際に避けては通ることができない重要なプロセスであり、採用合否の80~90%が面接で決まると言われています。希望する企業や職種の採用を勝ち取るには、面接という限られた時間の中でシステムエンジニアとしての能力や資質、企業や事業プロジェクトに対する貢献性、そして自分の人間性をどれだけ相手に知ってもらうことができるかがポイントになります。

面接で緊張したり、質問に上手く答えられないことは誰にでもあることではありますが、十分な事前準備とポイントをおさえることによって本番では納得のいく面接となるでしょう。そのためにもしっかりと面接対策をし、本番に臨むことが大切です。

極論的な言い方をすれば、どの面接にも正しい答えはなく、○○を言ったから採用されるというわけでもありません。しかしながら概して面接採否のポイントとなるのは、人材を探す雇用主と仕事を探す求職者が働くことに対して同じ方向性を持っているか、一緒に働く仲間としてやっていくことができるかどうかという点に尽きます。そしてシステムエンジニアという職業は、高く専門的なIT技術はもちろん、仕事上では客先をはじめ色々な人とコミュニケーションを取り、チームやプロジェクト単位でワークすることが多いため、コミュニケーション能力や環境に溶け込むことのできる協調性・柔軟性が重要視されます。面接ではそうした内面的な資質を表現し、過去の実績に関連づけてアピールするのも良いでしょう。

面接の際にシステムエンジニアとしての職歴や業務経験を述べる場合には、これまで携わってきた仕事を定量化し、どうゆう業務をどれだけの期間内にどのように改善したなど、仕事をできるだけ具体的に見える化することが大切です。「○○な」とか「○○の経験」のような感覚的表現や単に経験したことを述べるのではなく、数字を用いるなどして仕事の具体化に努めることは必須です。また専門的な技術用語やいわゆる業界スラングを使うことも多いシステムエンジニアではありますが、用語やスラングは社内だけで通じるものであったり、面接という公の場で使うことが事態が社会的な良識がないとも取られかねないため、言葉遣いには注意する必要があります。さらにシステムエンジニアは組織的にチームやグループで仕事をすることも多いため、リーダーシップのアピールは評価につながります。リーダー経験がある人はしっかりアピールしておきましょう!