システムエンジニアもIT関連会社に勤務する人、企業のシステム部門に勤務する人、フリーランスで仕事をするエンジニアもおり世の中の一般職同様に派遣という働き方があります。そこでシステムエンジニアをはじめIT業のエンジニアでよく問題として指摘されるものに「多重派遣」というものがあり
ます。

そもそも二重派遣とは、派遣業者が自分の会社以外の、他の会社へ労働者を派遣し、その会社が再び別の第三者へ労働者を派遣し、その労働者を最終派遣先の指示・命令に従って労働させることを言います。つまりAという派遣会社で雇用されている○○さんをA派遣業者がB社へ派遣し、B社はその○○さんを再びC社へ派遣し、実質的に○○さんはC社の指示・命令に従って業務にあたるという図式になります。この多重派遣で問題となるのは、仕事の指示や命令が最初の派遣先であるB社でなくC社から出され、且つ人件費の中間搾取が行われることにあります。

 本来であればA派遣会社に雇用される○○さんがB社に派遣されて、B社の指示・命令によって業務に従事するのが正式なフローです。しかし多重派遣では○○さんの派遣先であるB社が○○さんをさらにC社に派遣し、C社の指示・命令で仕事をさせることになります。労働者である○○さんにとっては指示系統がしっかりしていて報酬を確実にもらうことができれば何ら問題ないかもしれません。しかしこの場合、例えば業務上の理由によるケガや病気、そうした事態に伴う業務遂行上の支障に対して○○さんは何も保障されない可能性が高く、不利益を被るリスクが高まります。業務の指示・命令が明確であっても労働者に対する業務上の保障や責任の所在が曖昧になることが問題になります。

さらに○○さんに支払われる報酬においては、A派遣会社、B社、C社間のそれぞれに発生する中間マージンを差し引いた金額が最終的な労働に対する報酬となります。この例の場合には中間業者が1社だけですが、特に情報サービス産業を担うシステムエンジニア、プログラマー、ネットワークエンジニアなどITエンジニアの派遣の場合には、中間に2社から3社、多いときには5、6社存在することもあり、実際に労働した人材に支払われる報酬がどんどん少なくなる、という事態が起きているのです。

 IT関連の人材派遣会社ではこうした多重派遣が常態化してしまっている部分もあるようですが多重派遣は違法です。ブラックゾーンに足を踏み入れないよう注意!です。