システムエンジニアを目指す方へ役に立つ情報を幅広くご紹介。
転職サイトに登録すると具体的な求人条件を閲覧できますので是非ご利用下さい。

マイナビエージェント

システムエンジニア・ITコンサルタント・IT系などIT人材の転職支援向け定番サイトです。IT業界出身のキャリアコンサルタントが転職活動を全面的にバックUPするので安心して転職活動を行えます。

DODA(デューダ)

DODAはシステムエンジニアの転職やIT業界への転身を応援するエンジニア専門サイトです。豊富なIT系求人には多彩に活躍するシステムエンジニアの細かな職種にも対応し、転職やキャリアパスを考えるのに役立つリアルイベント、セミナー、相談会など満載です

ワークポート

ゲーム業界専門の転職サイトといえば「ワークポート」。転職活動のスケジュール管理から次に行うことのサポートなど丁寧に転職活動を支援しており、転職活動をより快適に、一人一人の可能性を最大限に引き出し、費用は一切不要です!

就職活動の基礎

システムエンジニアになるには

システムエンジニアという職業は特別な取得資格などが課せられた職種ではないため、極論を言えばコンピューターメーカー、システム開発会社、ソフトウェア開発会社、情報サービス会社などに採用されればシステムエンジニアとして働くことができます。しかし実際の仕事を進める上では専門的なITのテクニカルスキルを要する職種であるため、コンピューターや情報処理系の専門学校・高等専門学校・大学など経てIT関連の企業に就職し、システムエンジニアになるのが一般的です。 システムエンジニアの採用は学歴や出身校の過去の実績によるところも大きいため、有名校や先輩たちが実績を作っている学校の出身であれば就労環境・勤務条件が良いIT企業に就職できる可能性が高まります。進学先は学力と照らし合わせた熟慮が必要です。またITの知識ゼロ、全くの異業種からシステムエンジニアを目指して転職してくる人もいますが、高校の新卒者に対して採用を行っている企業はあまり多くないようです。

 会社に入社後は企業の研修があったり、基本的にシステムエンジニアはリーダーを中心とするチームやプロジェクト単位で仕事をするのでグループの先輩の指導によって実務的な知識や能力を身に付けていきます。そのためシステムエンジニアとして一人前に仕事ができるようになるまでにはある程度年数が必要になることを認識しておきましょう。

 一般的に情報系の学校を卒業した後、IT関連の企業に就職し、先輩の指導を受けながらシステムエンジニアになっていくわけですが、平衡して自らテクニカルスキルを身に付けることで将来的にも強いエンジニアとして成長させることができるでしょう。そのためのひとつの手段が資格取得です。システムエンジニア自体の特定資格はありませんが、ITスキルに関連し、自分の技術力を試すチャンスとなる試験は多分にあります。例えば国家試験である「情報処理技術者資格」「ネットワークスペシャリスト」「システムアナリスト」「システム監査技術者」「情報セキュリティスペシャリスト」「ORACLE MASTER」「Sun Java」「MCP」などは取得しておくと技術力のエビデンスにもなりシステムエンジニアとしてのステップアップに役立つでしょう。  また近年、IT業界内では「グローバル」がキーワードになり、システムエンジニアたちにも海外とのコミュニケーションをとれる語学力が多くの企業で求められるようになりました。ネットビジネスの海外進出も進み、英語力は習得しておきたいスキルのひとつとなっています。時代のニーズにマッチしたスキルを自ら学んでいくことがより付加価値の高いシステムエンジニアをつくります。

未分類

比較表

サロン名 料金 施術部位 全身脱毛1回
あたり料金
6回の料金
月額制
1,435円
顔を含む全身62ヵ所 17,220円 103,320円
料金 月額制
1,435円
未分類

test

コスパ最強!CPIは法人(ビジネス)向けレンタルサーバーとして業界でも人気が高いサービス。
高速回線、大容量ネットワークで快適・安定的にwebサイトが表示できます!!
無料10日間お試しもあるので、まず使用感を確かめたい方にもおすすめです。

ここに注目!!
KDDIグループが提供している安心と信頼のレンタルサーバー

初期費用 月額費用 容量
無料
※12ヶ月契約
3,800円
※12ヶ月契約
無制限

コスパ最強!CPIは法人(ビジネス)向けレンタルサーバーとして業界でも人気が高いサービス。
高速回線、大容量ネットワークで快適・安定的にwebサイトが表示できます!!
無料10日間お試しもあるので、まず使用感を確かめたい方にもおすすめです。

詳細を見る
詳細を見る
Close