情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。システムエンジニアは今や時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はクリエイティビティーに満ちています。またそうした面からも時代の技術的スペシャリスト性を持った専門職として新卒や未経験者からも人気がある職業のひとつです。

 しかしながらシステムエンジニアという職業は、就労環境の厳しさや待遇への不満から離職率が高く転職回数が多い業界とも言われています。30代を前にすでに複数社の転職経験がある人も珍しくありません。またエンジニアのマーケットは経済活動や最新の技術動向によっても人的流動の変化が大きい市場であるため、転職の際には業界の求人動向をよく読むことが大切です。

2012年におけるIT業界全体の動向としては、採用ニーズはリーマン・ショック以降最高と言っても良いほど活発な動きにあると言われています。中でもWeb系サービス企業やそれらの受託企業におけるスマートフォンアプリやソーシャルネットワーク関連の開発エンジニアの採用ニーズが高く、今は増える採用ニーズに対して求職者が不足している、いわばエンジニアにとっては売り手市場です。本来ならば業務・テクニカルとも高い能力をもった人を採用する会社においても、親和性が高い技術があれば採用される余地もあるようです。また「グローバル」は業界内でもキーワードとなっており、ネットビジネスの海外進出にともない海外とコミュニケーションをとれる語学力は多くの企業で求められるスキルとなっています。

名古屋におけるシステムエンジニアの求人動向

今後の企業回復度によるIT分野への投資に期待したいところです。リーマン・ショックの影響から名古屋の産業全体において、多くの企業が経営再編の見直しや事業縮小を余儀なくされましたが、昨今は新興国での自動車需要の急増、ハイブリットカーやエコカーの普及など主力の自動車産業が元気を取り戻しつつあります。エリア産業が潤うことでビジネス展開への投資欲も増し人材ニーズが高まるため、名古屋はその動きを継続的にウォッチしタイミングを図るのがベターかもしれません。システムエンジニアの求人を名古屋エリアで効率的に探すには、IT業界に強くエンジニアを専門に転職支援サービスを展開しているサイトを活用するのがオススメです。

北海道におけるシステムエンジニアの求人動向

業界同様の動きが見られ、リーマン・ショック以降、減少していたIT系の求人も最近では増加傾向にあるようです。特に昨年の夏頃からAndroidやiPhoneといったスマートフォンが一気に普及し、スマートフォン関連の開発経験をもつエンジニアのニーズは北海道においても高まっています。この状況はしばらく続くと予測されており、関連分野に興味があり且つテクニカルスキルを持つエンジニアには転職の好機かもしれません。「インテリジェンスのDODAエンジニア」「リーベル」「ワークポート」「マイナビエージェント×IT」「メイテックネクスト」などエンジニアを専門に転職支援サービスを展開しているサイトで自分の理想に近い適職を探しましょう!