Category

就職活動の基礎

就職活動の基礎

東京のシステムエンジニア求人

情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において重要性・存在意義が高まっています。システムエンジニアは時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はプロジェクトの大小に関わらずクリエイティビティーに満ちています。 Read more

就職活動の基礎

地方のシステムエンジニア求人

情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。システムエンジニアは今や時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はクリエイティビティーに満ちています。またそうした面からも時代の技術的スペシャリスト性を持った専門職として新卒や未経験者からも人気がある職業のひとつです。
Read more

就職活動の基礎

公務員のシステムエンジニアへ転職

情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある現代、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。システムエンジニアは時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースであり、その仕事はクリエイティビティーに満ちていると言えるでしょう。時代の花形的業界の中で技術的スペシャリスト性を持つ専門職として、新卒や未経験者からも人気がある職業のひとつです。

 しかしながら実際の仕事においてはクライアントと厳守しなければならない厳しい納期があり、締め切りが迫ると常識を超える残業や長時間労働を強いられる仕事です。厳しい就労環境から転職を繰り返す人も多く、30代を前に複数社の転職経験があることも珍しくありません。まだ体力もあり、そうした就労環境と年収に折り合いがつけることができる若いうちは仕事を謳歌することができるようですが、年齢を重ねてくると周りや将来を客観視する余裕も出、これからの昇給率・福利厚生・社会的保証・将来性に不安を抱くエンジニアがいることも実情です。

そうしたシステムエンジニアが不動の安定職とも言える公務員を目指す場合、民間企業での実務経験者を採用する社会人採用試験を受けることで公務員への道がひらけるでしょう。庁舎や市役所などの行政機関にも内部の情報システムを管理・運営・保守する仕事があるためシステムエンジニアの存在はここにおいても必須です。しかしながら行政機関だけあって予算の制約が厳しくあまりIT投資していない傾向にあるため、時代を感じる古く使いにくいシステムだったりすることもあるようです。また公務員の場合、システムエンジニア経験者として採用になったとしても辞令1枚で人事異動が決まってしまうため、長くシステムエンジニアのポストでキャリアアップしていくことができるかどうかの保証はないと考えた方がベターです。公務員の社会人採用枠は各自治体によって年齢制限があり人数も限られるため、事前チェックが必要です。

 公務員の安定性よりもやはりシステムエンジニアとして大成していきたいと考える人は、将来的なキャリアを考えて年齢やスキルに応じた計画的転職で確実にステップアップしていくことが大切でしょう。転職の際にはIT業界に精通しエンジニアを専門に転職支援サービスを展開しているサイトを利用するのがオススメ!求人紹介だけでなく、プロのコンサルタントが一人一人のキャリアプランニングをサポートしてくれます。

就職活動の基礎

システムエンジニアの中途採用

パソコンのデータが飛んだ…、サーバーがダウンした…、ネットワークに接続できない…などIT環境に不具合が起きれば仕事を中断せざるをえず、電車やATMなど日常の便利ツールは情報システムによってコントロールされている時代です。このように情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある昨今、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。
Read more

福岡のシステム設計・開発会社のグローバルワークスでは、システムエンジニアを積極募集中。システムエンジニアの働きやすさ改革を行い、残業時間の減少、有給休暇取得率の向上、社員間のコミュニケーションの場を設けるなど対策を行ってます。採用サイトはこちら福岡システムエンジニア求人採用サイトこちらのサイトでは、グローバルワークスの経験者、実務未経験者の求人情報を掲載しており、ブログでは社内イベントの様子などが投稿されており、社員同士の仲の良さや楽しく活気溢れた雰囲気がみてとれます。システムエンジニアとして活躍されている方で転職を検討しているならぜひグローバルワークスの採用サイトをご覧ください。

就職活動の基礎

システムエンジニアの面接

面接は苦手意識を持つ人が多いのですが、就・転職の際に避けては通ることができない重要なプロセスであり、採用合否の80~90%が面接で決まると言われています。希望する企業や職種の採用を勝ち取るには、面接という限られた時間の中でシステムエンジニアとしての能力や資質、企業や事業プロジェクトに対する貢献性、そして自分の人間性をどれだけ相手に知ってもらうことができるかがポイントになります。
Read more

就職活動の基礎

未経験のシステムエンジニア求人

システムエンジニアというとITの専門家、高いスキルや知識が求められる技術職ではありますが、未経験からでもシステムエンジニアとして採用される可能性は十分にあります。未経験のシステムエンジニア求人も少なからずあります。
Read more

就職活動の基礎

システムエンジニアになるには

システムエンジニアという職業は特別な取得資格などが課せられた職種ではないため、極論を言えばコンピューターメーカー、システム開発会社、ソフトウェア開発会社、情報サービス会社などに採用されればシステムエンジニアとして働くことができます。しかし実際の仕事を進める上では専門的なITのテクニカルスキルを要する職種であるため、コンピューターや情報処理系の専門学校・高等専門学校・大学など経てIT関連の企業に就職し、システムエンジニアになるのが一般的です。 システムエンジニアの採用は学歴や出身校の過去の実績によるところも大きいため、有名校や先輩たちが実績を作っている学校の出身であれば就労環境・勤務条件が良いIT企業に就職できる可能性が高まります。進学先は学力と照らし合わせた熟慮が必要です。またITの知識ゼロ、全くの異業種からシステムエンジニアを目指して転職してくる人もいますが、高校の新卒者に対して採用を行っている企業はあまり多くないようです。

 会社に入社後は企業の研修があったり、基本的にシステムエンジニアはリーダーを中心とするチームやプロジェクト単位で仕事をするのでグループの先輩の指導によって実務的な知識や能力を身に付けていきます。そのためシステムエンジニアとして一人前に仕事ができるようになるまでにはある程度年数が必要になることを認識しておきましょう。

 一般的に情報系の学校を卒業した後、IT関連の企業に就職し、先輩の指導を受けながらシステムエンジニアになっていくわけですが、平衡して自らテクニカルスキルを身に付けることで将来的にも強いエンジニアとして成長させることができるでしょう。そのためのひとつの手段が資格取得です。システムエンジニア自体の特定資格はありませんが、ITスキルに関連し、自分の技術力を試すチャンスとなる試験は多分にあります。例えば国家試験である「情報処理技術者資格」「ネットワークスペシャリスト」「システムアナリスト」「システム監査技術者」「情報セキュリティスペシャリスト」「ORACLE MASTER」「Sun Java」「MCP」などは取得しておくと技術力のエビデンスにもなりシステムエンジニアとしてのステップアップに役立つでしょう。  また近年、IT業界内では「グローバル」がキーワードになり、システムエンジニアたちにも海外とのコミュニケーションをとれる語学力が多くの企業で求められるようになりました。ネットビジネスの海外進出も進み、英語力は習得しておきたいスキルのひとつとなっています。時代のニーズにマッチしたスキルを自ら学んでいくことがより付加価値の高いシステムエンジニアをつくります。

Close