パソコンのデータが飛んだ…、サーバーがダウンした…、ネットワークに接続できない…などIT環境に不具合が起きれば仕事を中断せざるをえず、電車やATMなど日常の便利ツールは情報システムによってコントロールされている時代です。このように情報システムが様々なビジネスシーンを支え、社会的ニーズをより豊かに叶えるツールとなりつつある昨今、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わるシステムエンジニアの存在はあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。

システムエンジニアは時代や社会が求めるポジションであると同時に、技術的スペシャリスト性を持った専門職としても新卒や未経験者からも人気があります。

しかしながら離職率が高く転職回数が多いのもIT業界と言われており、30代を前にすでに複数社の経験がある人も珍しくありません。そのため多くのシステムエンジニアが中途採用となるわけですが、転職の際には中途採用の意味・目的を十分に認識しておく必要があります。中途採用とは、企業の営業生産活動において不足している人材を補充するために行うため、すぐにプロジェクトや事業に加わることができる即戦力が求められます。

即戦力をアピールするためには特に自分が持つ主体的な行動力を伝えることです。例えば近年のテクニカルスキル需要に応えるエンジニアなるため○○の資格を取得した、というようなことでも良いでしょう。口で努力する、と言うことは簡単ですが実際に行動に移すことは難しく大変なこと、それができる、自ら考えて動ける人材を企業は中途採用で求めているのです。また、転職とはあくまでも個人的視点でとらえた解釈であり、企業の視点は欠員を補う即戦力獲得のための採用であることを意識しておくと良いかもしれません。

 システムエンジニアの中途採用を探す場合には、気になる企業のホームページで採用情報をチェックしたり、自分の人脈をたどってみるのも良いでしょう。しかし業界ネットワークが強くイレギュラーに出てくる中途採用の求人にもタイムリーに対応するには、IT業界に精通しエンジニアを専門に転職支援サービスを展開している各種サイトの活用がオススメです。「インテリジェンスのDODAエンジニア」「リーベル」「ワークポート」などは注目です。こうした転職支援サイトのサービスは、単なる求人の募集先紹介やマッチングだけでなく、キャリアコンサルティング、応募先との面接日程の調整、応募書類の作成アドバイス、面接対策、給与や待遇のネゴなど、転職に関するあらゆるプロセスサポートが万全です!