システムエンジニアと言えば、情報システムが様々なビジネスシーンを支え、特に企業においては情報システムがビジネス展開を図る上で経営戦略の基盤となることから、それらを企画設計し開発・運用・保守に携わる必要不可欠な存在としてあらゆる業界において欠くことのできないポジションとなっています。また社会的ニーズをより豊かに叶え、時代や社会が求める人とコンピューターとのインターフェースとも言えるでしょう。

そのためシステムエンジニアは時代の花形的業界の中で技術的スペシャリスト性を持つ専門職として人気があり、異業種からの転職や文系からチャレンジする人もいるほどです。システムエンジニアになるためには特別な資格試験等がないため、極端な言い方をすれば誰でもなることができる職業です。

しかしながらシステムエンジニアの仕事は情報システムの構築において要件定義・設計・開発・運用などの役割を担い、つまりはユーザーニーズに合ったシステムをデザインし、完成したシステムが目的通りに動く・使うことができるまでシステム開発全体に関わるプロジェクト推進の要となります。システムエンジニアはプログラマーをはじめとする他のITエンジニアがテクニカルスキルに深く特化するのとは異なり、技術者としてテクニカルな知識やスキルはもちろん、ユーザーとの折衝・調整、プロジェクトチーム内でのコミュニケーションワークも必要になります。ITの世界を作り上げるための幅広い能力、テクニカルスキルとヒューマンスキルといったやや対照的なスキルの両方を要求される職種のため、向き不向きといった適性資質が意外に重要になります。

 そのため企業によっては採用前にシステムエンジニアとしての適性テストを行い、資質を判断することもあります。自分ではシステムエンジニアの仕事を強く希望していても、「人と話すのが好き」「正確は几帳面な方である」「精神的タフさがある」「コンピューターが好き」「携帯電話は最新機種を持っていたい」「企画やプロジェクトが好き」などの項目にあまり当てはまらない場合には、ひょっとしたらシステムエンジニア向きではないかもしれません。逆にITは苦手としながらもこうした項目に共感する部分が多い人は、システムエンジニアとしての潜在的な資質が眠っているかもしれません。  またシステムエンジニアという職業は業務の多彩さに加えて、アナリスト・コンサルタント・マネージャーなど職種も様々あるため職業を選択する場合には自分と照らし合わせてよく考えみると良いでしょう。